HOME > 品質管理:カラーマネ―ジメント

品質管理:カラーマネ―ジメント

色の数値管理で、印刷の標準化を実現。

当社では、モニターからカラープリンター、印刷機などの異なる周辺機器において、「色」を客観的な数値で管理することで標準化を実現しています。

社内基準によるICCプロファイルの運用によって、トータルな色管理を行い、どの段階の機器からでも、視覚的に確認できるカラーマネージメントシステム(CMS)を採用していますので、以下のような、これまでの印刷の問題点を解消します。

これまでの印刷の問題点
色の違いが、主観でしか判断できない。
オペレーターによって、色が異なる。
印刷機によって、品質が変わる。
印刷環境によって、品質が変わる。

CMSの導入により、印刷の標準化・印刷機の最適化を実現
カラーマネジメントシステムの導入により、以下のような標準化・最適化が実現しました。

印刷標準化

  • CTPによりPS版の安定化
  • 網点の数値管理
  • 反射濃度計・分光計で、色の差を数値管理

印刷機の最適化

  • インキローラー調整
  • ダンプニングローラー調整
  • 胴仕立てチェック
  • 湿し水循環装置チェック
  • ダブリ・スラーのない機械整備


CMSの導入により、印刷の標準化・印刷機の最適化を実現
※それぞれの印刷機器に依存しない色を介することによって、さまざまなメディア間のカラーマッチングが
 可能になりました。

ポリシーポリシー
品質管理
最適化と標準化最適化と標準化
カラーマネージメントカラーマネージメント
オンライン枚葉印刷検査装置オンライン枚葉印刷検査装置
印刷技術
多色刷と色校正多色刷と色校正
FMスクリーニングFMスクリーニング
会社案内
会社概要会社概要
アクセスアクセス
沿革沿革
設備概要設備概要

呱呱(ここ)始動呱呱(ここ)始動