ホーム         プロジェクトについて
                            「呱呱」とは

第1弾・絵画作品   呱呱 (ここ)
第2弾・写真作品   日本のこころ<時空>その二
第3弾・水彩画作品   伊根の鼓動
Newマーク004.png第4弾・版画作品   桜の記憶

HOME > 呱呱:プロジェクト・チーム

プロジェクト・チームについて

制 作
株式会社アート印刷工芸社
原 画
フジワラヨウコウ
印 刷
設計:木村 泰清
版 :西村 文男
印刷:清水 好信、寺沢 浩
進行管理:三木 照夫
企 画
森下 舒弘

 

プロジェクト・チームに参加して


版担当:西村 文男版担当:西村 文男
私なりに原画「呱呱(ここ)」から「チカラ」的なものを感じ、色の数は無限ですが、黒にこだわり黒を基調に版面上で表現してみました。
鑑賞する角度、場所によっては色の変化が個々に感じられ楽しめる印刷作品に仕上がったと思います。



印刷担当:清水 好信印刷担当:清水 好信
カラー4色の印刷を担当しました。通常原画(色見本)などに合わせて印刷しておりますが、この作業は当社の標準印刷によるものです。
当社では印刷機メーカーのパイオニアハイデルベルグ社製の印刷機品質管理装置を使用しており、その機械で濃度、ドットゲイン、グレーバランスなどの数値管理をして標準濃度で印刷を行いました。これからは、このような色見本がなく、数値管理などによる印刷が多くなってくると思われます。


印刷担当:寺沢 浩印刷担当:寺沢 浩
今回、偏向レッドという今まで印刷の仕事をしてきて使用したことのないインキで印刷をし、「どんな色で用紙に印刷されるのだろう?」「きっちり乾燥するのだろうか?」とわからないことからのスタートでしたが、その分、実際に印刷してでき上がった物を見ると予想以上にうまく印刷できたと思い、自分でも少々満足しています。
この印刷物を、いろんな人に見てもらって、いろんな意見を聞かせてもらえれば、もっと大満足できるかもしれないです。

営業担当:三木 照夫営業担当:三木 照夫
与えていただいた素材を、どのように料理し味付けするか、よく吟味し、素材本来の味を生かして、蓄積されたノウハウで表現された作品です。
良質の素材に、ごく普通の油性インキを使用したオフセット印刷ですが、見て感じていただいておられると思いますが、そこに蓄積されたノウハウが生かされた作品です。