HOME > 第2弾・日本のこころ<時空>その二 > 作品紹介

作品紹介

日本のこころ<時空>その二日本のこころ<時空>その二

※画像をクリックすると、拡大サイズでご覧いただけます。 

この度、亀村俊二様のご好意により作品のデータをお預かりすることになりました。

この作品を初めて見た時、時間をかけて描きあげた絵画を思わせるものでした。現在を切り取った写真であることを忘れ、昔の姿や、見つめ続けられてきた「時の流れ」を感じながら、見入ってしまいました。

私たちは、この作品をできるだけ忠実に再現するのではなく、写真家の意図と私たちの解釈を加味し、印刷技法を駆使し印刷でしかできない表現を試みました。

FMスクリーニングによるディティールの表現、マット墨による溶け込むようなソフト感と印画紙のような質感、見る角度によって変化するバックをシルバーの30線で表現しました。

過去の建造物が時空を超え、今の輝きがあります。日本のこころ<時空>その二という今回のテーマに少しでも近づけた印刷物になれば、私たちプロジェクトスタッフの喜びです。